書くエネルギーが湧いてこないとき

こんなご質問をいただきました。

 


ブログを書こうと思うのだけど、書きたいことが湧いてこないときに、湧く秘訣はありますか?


書きたいと思うのに、書かなきゃいけないと思うのに、書きたいことが湧いてこない。あるいは、書くエネルギーが湧いてこない。

私もよくあります。

f:id:dignifiedsentence:20180511145411j:plain


文章を生み出し続けていると、枯渇しそうになるときがあるんですよね。

私は、自分に対しても、お客さまに対しても「毎日○記事アップ」といった方法はお伝えしていないので、「湧いてこないときは、無理して書かなくていい」というのが、ひとつの答えです。

書くことが湧いてこないのは、やるべきことをやっていないから。

 

ここで言う“やるべきこと”というのは、勉強する、情報をインプットする、文章の書き方を習うといったことではありません。

むしろ、
ぐっすり眠るとか、
おいしいものを食べるとか、
ゆっくり料理をするとか、
のんびりお湯に浸かるとか、
じっくり爪を磨くとか、
ただ風の音に耳を澄ませるとか
雨の日に、長靴で水たまりを歩くとか、
好な人とイチャイチャするとか、

そういう日常にちりばめられている小さなことを怠っていないか、自分で確認してみるのです。

 

日常において、自分にとって大切なことを、やってないとき。見事に、何かを伝えたいというエネルギーが枯れてしまいます。

何が不足すると枯れてしまうのか、それは人それぞれですので、一概に「これをしてください」と伝えることはできませんが、ご自分がいちばんわかっていると思うので。

まずは、やりたいこと。大切なこと、後回しにしてないで、やりましょうね。