痛みと引き換えに、わたしたちは優しさと強さを手に入れている

どうしようもなく嫌なことが起きたり、自分では解決できないような問題に直面したとき。その痛みを感じることと引き換えに、わたしたちは優しさと強さを手に入れているのかもしれません。

そして、その優しさと強さは、いつしか誰かの力になる。

ビジネスの根本って、そういうことじゃないかなと思うのです。個人的に。

それって、一部の人だけに許された特別なことなんかではなく、誰の中にもある力。そういう意味では、ビジネスは誰にでもできることだと思っています。自分にその力があると信じられるかどうかは、その人次第だけれど。

f:id:dignifiedsentence:20180512095456j:plain

誰かの成功談よりも、失敗談に励まされることは多い。何もかも、まっすぐやり遂げられた人よりも、寄り道しながら、遠回りしながらも、いっしょうけんめい走ってきた人に心惹かれる。

自分の人生は自分のためのものであると同時に、誰かの人生の役に立つものなのかもしれません。もしそうだとしたら。あなたは、あなたのどんな要素を言葉にしますか?何をどう表現するでしょう?

そんな視点を持ってみるのは面白いと思うし、そういう視点を持つことが、自分の人生を豊かにしてくれるような気がします。

いいことも悪いことも。うれしいことも悲しいことも。どんどん世の中に放っていけたらいいな。私もあなたもね。