書くことの効用

前回開催した「告知文の書き方レッスン」を受講されたお客様のその後。第2子の保育園入園を機に、ご自宅でのサロンワークをスタートされました。

頑張って告知記事を書かれた新メニューのモニターには、次々にお申し込みが入っているようで、体験された方の感想がFacebookにアップされるたび、私も一緒になって喜んでいます。

また、クラフト作りのワークショップにもたくさんのお客さまがいらっしゃっている様子。忙しくも充実した日々を過ごされているようです。

 

サロンをスタートするまでには、子育てママならではの、仕事と家庭のバランスについて悩まれる場面もありました。忙しくなりすぎたらどうしよう・・・子どものこと、家庭のこと、バランスよくできるかな・・・

でも、自分なりのペース、自分のスタイルの仕事が生み出していけるのが個人事業主のメリットでもあるわけで。いざ動き出してみると、あんなに不安に思っていたことが、取り越し苦労だったということに気づいたりもするんですよね!

そういった意味でも、タイミングは見極めつつも、エイッ!動き出すのは大事なことだなと思っています。

 

f:id:dignifiedsentence:20180524142801j:plain

 

告知文には、「必要な人に必要な情報を届ける」そして「安心して申し込んでいただく」という役割があります。

それと並行して、

  • 発信することへの不安や恐怖がやわらいだり
  • 自分の想いや願いを再確認したり
  • どんなお客さまと出会いたいかが明確になったり

様々な良いことがあります。告知文を書くことで、ご自分にスイッチを入れられる方も多いです。自分の中にあるイメージを具現化するのが告知文。

いちどしっかり書いてみてはいかがでしょうか。