脱皮中につき

今日は、半年に一度の、大学の定期検診の日でした。

あいにくの大雨で、出かけるのをためらったのだけれど、いざ病院に来てみたら、いつもよりスムーズに検査が進んで、結果オーライでした。

ここ4年ほどは症状が出ておらず、定点観測的な血液検査とエコーのみ。

どちらかというと病院苦手なんだけれども、健康であることを確認する日だと思って通っています。

 

健康、、、と書いたけれど、健康ってなんでしょね?実はここ数日、脱皮しまくりのわたし。心の脱皮しかり、身体の脱皮はさらに顕著!

食事を変えたり、身体のケアに勤しんだり、スキンケアを変えたりしているうちに、デトックススイッチが入ったんですかね。

 

首と顔の皮膚がぽろぽろ、ぽろぽろ。顔は赤いし、カサカサだし、お化粧ができません。かゆーい、チリチリする、なんとなく腫れぼったい。

しかも、顔とか首とか人目につくとこだから、外出が億劫になります。(誰も見てないと思っても気になるものですねー)

 

しかし、まあ、仕方ないというか、表面化してる現象にとらわれすぎずいきましょうと、自分に声をかけてるところです。

逆に皮膚に出す力はあるということ。ただ、皮膚を出口にしないように、そろそろシフトすると決めました(*^_^*)

 

決して意固地になってるわけではなく、ケアできること、意識して変えた方がいいところは取り入れつつ。 

あのとき、ああしておけばとか。わたしの意思が弱かったからとか。そういうのは時間がもったいないので。

デトックスをひとつの通過点として、淡々と過ごしていこうかなあと思ってます。

心身の変化が著しい時期、みなさまもご自愛くださいね。