あの人みたいにならなくていい

社員研修旅行で、伊豆に来ています。

(社員じゃないけどw)

 

こんな環境でお仕事できるなんて、幸せ。

 

f:id:dignifiedsentence:20180704112202j:image

 

2日目の今日は、早起きして、みんなで竜宮窟へ。

 

f:id:dignifiedsentence:20180704112237j:image

 

上から見るとハート型。

(潜在数秘術協会副代表のしっしーさんがいるよ)

 

f:id:dignifiedsentence:20180704112251j:image

 

のんびりリラックスしながらも、それぞれお仕事。

 

f:id:dignifiedsentence:20180704112311j:image

 

普段は、スカイプで打ち合わせしたり、メッセンジャーでやりとりしたりと、ネットメインでつながっているので、リアルに顔をあわせるこんな機会は貴重です。

 

 

 

私はLP7なので、あまり人と群れたり、一緒に行動したりするのが“好き”ではないタイプなのですが、自分の数字を知って、いったんとことん生きてみると、また違ったLP7になっていく気がしています。

それは、協会代表の秦ボスを見ていても思うことで、すんごくLP7なんだけど、でもLP7っぽくないんですよね。笑

初めて数秘術に触れたときって、数字に何でも決められちゃうようで窮屈な感じがする人もいるかもしれませんが、実はそうじゃなくて、とことんとことんその数字を生きてみる、数字を通して自分を知り尽くした先に、また違った世界が広がっているんです。

 

あの人にみたいにならなくていい。

自分以外のものにならなくてもいいとわかったら、あとは自分を活かすという選択肢しか残らないのだし、あの人みたいにならなくていいからこそ、自分と違うタイプの人に自然と尊敬の念がわいてくる。

 

受け入れるとか、ゆるすとか、認めるとか、そんな小難しいことではなくて。ただ、お互いがそのままでそこにいるという、ごくごくシンプルなことなのかもしれません。

ゆるっと濃厚な社員研修、もうしばらく続きます♪